田中屋薬局

石川県金沢市堀川町10−5 電話 076-233-3691
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 飲む美容液 | main | 漢方薬・生薬認定薬剤師(^O^) >>

第51回ホノミ漢方会全国大会に参加して

0

    厳島神社



    平成25年4月14、15日広島で行われた剤盛堂薬品株式会社主催の本大会に参加してきました。当日は、日本各地から日頃ホノミ漢方を店頭での健康相談に役立てておられる薬局、薬店さんが集まり、講演や情報交換会、セミナーと交流を深めてまいりました。その中から、二つの講演についてお伝えしたいと思います。

    一つ目は、順天堂大学大学院教授の白澤卓二先生の「健康長寿な生き方について」の講演です。
    白澤先生は、今、書籍や雑誌等でよくお目にかかるので、一度直接お話を聞いてみたいと思っていた先生です。
    長寿遺伝子について長年研究されておられ、健康長寿に生き切る術を研究成果より講演されました。
    長寿国日本において自立して百歳を迎える人は全体の2割であり、その2割の人の生活には共通した部分が数多くあるということです。また、健康長寿は遺伝だけではなく、その人の長年の生活習慣に大部分があるということでした。ちなみに、遺伝要素は25%、生活習慣要素は75%。その生まれ持った要素も40代までで、健康長寿は40代以降の生活習慣で決まるというのです。40代までは、多少無茶をしても25%の遺伝が健康を守ってくれるが、それ以降は、自分で100%健康を守っていかなければならないということでした。健康長寿に関しての自立は、40代でしなければならないようです。
    先生は、40代は生活の転換期であり、ここで軌道修正し健康長寿を全うしましょうと話されました。具体的な術についてもお話はありましたが、本に書かれています。私には、出来ていないことばかりです。私は、今年五十歳になります。軌道修正しなければならない適齢期ですので、取り組みたいと思います。
    先生は、もう一つ言っておられました。「もう八十歳だから遅い。ということはない。これからの天寿全うのため、七十歳、八十歳からも始めましょう」とのことでした
    先生の著書を何冊かすでに読んでおりましたが、やはり生で伺うお話には説得力を感じました。

    二つ目は、ホノミ漢方会本部、高橋穂綱先生の「ホノミカード・チャートの考え」についての講演です。
    ホノミカード・チャートとは、私達が店頭で、健康相談を受けたときに利用することもあるものです。
    私達は相談に来局された方のお話の中から問題点を探し、薬を選びます。お医者様であれば脈診や腹診をされますが、私達には出来ません。そんな中、お話の中の問題点を整理し、薬選びに役立てるツールなのですが、このツールの成り立ちについてお話を聞いて来ました。
    お話を伺い「本当によくまとめられた、うまく出来たツールである」と再認識しました。
    うまく出来たツールですが、これを最大限に活用するためには、薬を知り漢方を知ることは不可欠です。ツールだけでは、お薬を活用しきることは出来ません。

    今回、本大会に参加して薬、漢方のみならず今回の白澤先生のお話にあったような生活習慣、食事、心等等幅広く吸収し、提供できる薬剤師でありたいとの思いを再認識いたしました。

    レポート 竹井雅子

    学会・研修会など | permalink | comments(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする